仕事と労働

小川仁志と言う人の哲学の本が面白い。いろんな哲学者のことをかいつまんで教室形式で説明してくれる。適度に「哲学フリーク」な程度の僕にはこれくらいがいい。

その中で「ハンナ・アレント」と言うの哲学が紹介されていた。

仕事と労働

明確に分けられて

労働(Labor)→自然性=生きるために必要なもの→消費されるだけ
仕事(Work)→非自然性=工作物→使用される

つまりお金がなくなったから働くとか、遊ぶために働くとかそういったものは労働になる。僕はマイナスから0に戻すことかと解釈。
ないものを作ったり、必要とされるものを作ったりするのが仕事。これは0の上に積み重ねてくことかと解釈。

「働くこと」を別に「仕事と労働」って明確に分けなくても誰も困らないけど、いろんな意味で話が会わない。例えば「日曜日も仕事ですか?大変ですね。」って決まり文句のように言われても「はい」とはいえない。「日曜日も労働ですか?」って聞かれたら、「いいえ、仕事ですよ」。言葉を明確に分けるならこうだろうな。理屈っぽいだけか(笑)

仕事と遊び

これが一致している人は仕事がとても充実している。逆説的に労働にも遊びの要素を見いだせれば仕事になり得るかもと言うことも言える。いやいや働くより自発的に何かを作り出せれば労働も仕事として充実する。

ただこれもいいことばかりではない。仕事と遊びが同じだと「やりすぎる」。結果、家庭を顧みないとか過労とか気がついたら仕事で身を滅ぼす。

逃避して凱旋

余暇を取るのが日本人は苦手。「休み=さぼり」と判断されるから。たしかに休みづらい。それは仕事でも労働でも同じ。でも休みは逃走ではなく逃避と考える。
逃走と逃避の違いは「凱旋」するかどうか。
仕事を忘れ良い感じに遊びに逃避して、リフレッシュして凱旋すればいい。

人生の1/3は働いている。1/3というのはどれくらいの割合だろう。
1/3である仕事が何も価値を見いだせない追われるだけの「労働」であればそれは勿体無い人生。逆に2/3は好きな事ができるからそれはそれで我慢して過ごす。割りと後者もポジティブではある。

仕事でも労働でも「考えて働く」と言うことは大事なんじゃないかって思いました。

インテリジェンスとインフォメーション

インテリジェンスとインフォメーション。
前者は「知識」、後者は「情報」とでも訳しましょうか。

ちょっと前にも投稿で触れたけど、フォロワー(模倣者と言う意味)の多くがインフォメーションをインテリジェンスとカン違いしている。そもそもインテリジェンスは自分で対価を払ってでも取得しに行くもので、フォロワーの多くは自然に無償で流れ来るインフォメーションに身を委ねてる。そしてそれをあたかもインテリジェンスのように人に伝えてしまう。またフォロワーはそれをインテリジェンスとカン違いする。「ググる」と言う文化は所詮インフォメーションなのだ。インテリジェンスの対価とは例えば本を買う、教えを請うなどでしょう。

「知る者は言わず、言う者は知らず」

中国古典の老子からの言葉。

知っている人はインフォメーションくらいでは人には伝えないのだ。僕がプログラムのコーディングについてのブログや投稿を「したくない」ことがこの理由。インテリジェンスは軽々しく共有するものではないのだ。共有することのリスクを知っているいるから。だから言わない。もしするとしたらその広めようとしているインテリジェンスが正しいかどうかを徹底的に検証する。その労力たるや計り知れない。

「知る者」と「言う者」の二者には明らかに違いがある。インテリジェンスがある人からはレスポンスが得られる。インフォメーションだけの人はそれ以上のことを相手に返せない。
少し会話をしたらその人がどっちなのかはすぐに分かる。結果、実に「返せない人」が多い。それはSNSなんかでも顕著にでる。気の利いたコメントを返せるかどうかもその人のインテリジェンスが分かるわけだ。

同じようなことをソクラテスが

「私は何も知らないということを知っている」

と表現している。知った気になるな、と言うのの戒めかもしれない。

センスを磨く

代表の青木です。

僕は現役のプログラマーです。現役を退くつもりのないプログラマーです。

ずっと続けていくためには何が必要か?

もちろんスキルと言う要素はありますが、ある意味それは当たり前なこと。
スキルなんて時間経過で勝手に上がっていくものです。
なので10年選手のプログラマーで「スキルがある」なんてことは自慢にも何もなりません。

じゃなにが必要か?
それは「センス」です。

センスは「磨く」ことによって上がります。
これはスキルと違って勝手に上がりません。磨かないと何も変わりません。

磨く方法はいくつかありますが、けっして「磨かれない」ことはただひとつあります。
それは「疑問を持たない」こと。

今やっていること、自分のスキルそのもの、世の中の常識、これらに対しての疑いや好奇心を失った時点でセンスは絶対に磨かれません。どんどん曇っていきます。

例え時間経過でスキルが上がってもセンスが磨かれてなければなんの価値もありません。むしろ頭でっかちでダメなプログラマーになっちゃってます。

ここで言うセンスは「才能」ではありません。結果として「才能」になり得るものです。はじめはみんな原石なのです。慢心することなく磨き続けた先に、開花するもの。

センスは常に磨いてないとすぐに曇ります。
つまり常にこのことを考えていると言う行為がセンスを磨くことの一つでもあります。

センスを磨いている意識があるうちは、いくつになっても現役のプログラマーでいれるんじゃないかな、って思ってますw

アプリのサポート体制

代表の青木です。

先日、僕の個人のTwitterアカウントを削除しました。
これからはTwitterでの窓口は@recordsshamrockに一本化します。
アプリの最新情報が欲しいかたはこのアカウントをフォローして下さい。
(こちらからフォローすることはございません)

これに伴いサポート体制を見直すことにしました。
リリースしたアプリが増えるとともにご意見やご要望の吸い上げが困難になってきたためです。
もちろん出来る限り拾いたいと思っておりますが。

近いうちにサポート体制などをまとめてお知らせ致します。

ご理解のほどよろしくお願いします。

インフルエンザ

代表の青木です。

今年は猛烈に流行っているとのことで、あっさりとインフルエンザに感染してしまい、少しの間うなされておりました(^^;

油断は禁物

インフルエンザに掛かったのは人生で2度めです。(一回目は大学生の頃だった気がします)
風邪もほとんどひかないし、病院にも滅多に行きません。
※喘息持ちなのでそれの通院は除く

症状

発症1〜2日前からだるくやる気がでない状態でした。発症したと思われる日の夜、熱が一気に39度台まで上昇。
翌朝、日曜日だったため救急病院へ電話して診察を受けに行く。発症24時間以内だと検査が陰性の可能性もあるが、インフルエンザA型と診断。

イナビルと言う吸入薬とカロナールと言う解熱剤を処方されました。イナビルは一回だけなので薬局で吸引してオシマイ。後は熱の度合いでカロナールを投与。熱が下がらないためカロナールを大目に投与し(そうしても良いと言われた)、ひたすら寝ました。夜には37度台後半まで下がり、少し楽に。翌朝には平熱まで下がってました。イナビルがとても良く効いた感じがします。残ったのは風邪の諸症状(くしゃみ、鼻水、咳、倦怠感、間接の痛み)が残りました。

縁起でもないですが、もしブログを見てるあなたが感染したら参考にしてください。
熱が出たらすぐに行くこと、です。薬の早めの処方が命運を左右します。

感染経路

心当たりがあるような無いようなですが、ある意味、本年度で久しぶりにかかったとしたらそれは一つ理由があります。

行動範囲と交友関係の広がり

本年度(2期目)でとてもたくさんのところへお伺いする機会が増えました。人と会う機会も増えました。
だから感染した、と言うことではないのでくれぐれも誤解のないように!
それはある一つの「自覚」につながります。

予防接種

いろんなところへ出向き、いろんな人と会うということはその自覚もしなければならないと言うことです。
来年からはしっかりと予防接種をして冬を迎えたいと思いました。

来年、僕が予防接種忘れてたら言ってくださいね。

最後に

僕に続き、家族である嫁さんが程なくインフルエンザになりました。
ほんと申し訳ない気持ちでいっぱいです(^^;
こうなることがないように、来年は夫婦そろって予防接種を受けますw

アプリ「ThumbEdit」とユニバーサルデザイン

代表の青木です。

本日、2013年最初のアプリをリリースしました。

ThumbEdit – 親指テキストエディタ 1.0.0(¥170)App
カテゴリ: 仕事効率化, 天気
販売元: Shamrock Records, Inc. – Shamrock Records, Inc.(サイズ: 2.2 MB)
全てのバージョンの評価: (1件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

共同開発者のdelaymaniaくんこと大谷くんと絶好調のあかめちゃん、リリースに合わせて紹介記事を書いてくれてます。

親指一本で簡単に操作できるテキストエディタアプリ「ThumbEdit」をリリースしました

[Å] ThumbEditの設定と使い方!実は私も開発に携わってたりもして…

2人が外向きの華やかなブログを書いてくてれるので、僕はちょっと違う雰囲気で書いてみます。

ユニバーサルデザイン

  • どんな人でも公平に使えること
  • 使う上で自由度が高いこと
  • 使い方が簡単で、すぐに分かること
  • 必要な情報がすぐに分かること
  • うっかりミスが危険につながらないこと
  • 身体への負担がかかりづらいこと(弱い力でも使えること)
  • 接近や利用するための十分な大きさと空間を確保すること

ご存知ですか?ちょっとしたきっかけでユニバーサルデザインと言うのに興味を持つようになりました。
何事も突き詰めて考えたくなる性分。ただ単にアプリをリリースするのではなく、いろんなことを考えて物を作って行きたいのです。

今回のThumbEditは一見高度な編集や操作に見られがちですが、僕は「誰でも使える」を意識してUIを作ったつもりです。

実は存在しない

ユニバーサルデザインの全てに当てはまるもの、僕は存在しないと思います。世の中の人が「無個性」であると仮定すれば存在すると思いますが。背の高い人に便利なものは低い人には使いづらいなどと言ったジレンマを抱えています。

なので、ユニバーサルデザインと言うのは「何を意識したか」「どこに重点をおいたか」と言う能動的な評価と、「何を満たしているか」「何が可能か」と言う受動的な評価があると思います。もちろんはっきりと区分けはできませんが、それを開発者が意識して設計の判断基準にするのがいいのではないでしょうか。

評価

一つ一つ見ていきます。

どんな人でも公平に使えること

  • iPhoneユーザーと言う前提で。
  • 設定で左右のボタンを入れ替えることができます。
  • 指一本で動かすことができます。
  • 基本シングルタップで動作します(障害によってはダブルタップができない人もいる)。

使う上で自由度が高いこと

  • テキスト編集という点では自由度は高い。

使い方が簡単で、すぐに分かること

  • 簡単に作ったつもりではあるが、マニュアルやガイダンスは必要と感じる。
  • 初回起動時に入っている文章やブログで補完できる。

必要な情報がすぐに分かること

  • 下書きを一覧で見れる。フォントサイズが変えれる。検索や置換を実装。

うっかりミスが危険につながらないこと

  • どんなアプリでも歩きながら編集されたら危険につながる。
  • 例えば、本体の振動を感知したら編集できないようにするなど可能だが、これに対して特に対策なし。

身体への負担がかかりづらいこと(弱い力でも使えること)

  • 特に意識して対応はしていない。

接近や利用するための十分な大きさと空間を確保すること

  • ボタンの配置などは押し間違いがないように大きさに配慮した。
  • iPhone4Sでは画面が狭くなるのを避けられなかった。

こうやって分析してみるとまずまずな対応なのではないでしょうか。

iPhoneこそがユニバーサルデザインアイテム

iPhoneこそがユニバーサルデザインアイテムなのです。知れば知るほど考えぬかれた操作や仕様になっています。
実は僕、ほとんどアプリを使っていません。調査するためにたくさん購入はしてますが。iPhone(Macも)のデフォルトのアプリが素晴らしいからです。使えば使うほど、そのUIの配置の意図が見えてきます。
プログラムもそうです。デフォルトのバーの高さ44px。これは必要最小限の考えぬかれたサイズなのです。これより小さいと押しづらい、大きいと無駄。一見中途半端なサイズの部品でもこのサイズが「正解」なのです。

結論としては、そんなユニバーサルデザインアイテムであるiPhoneの上で動かすアプリが、ユニバーサルデザインに準拠していないなんて「ありえない」と考えます。

最後に

「誰が、いつ、何に、使うか?」これを第一に考えて設計やデザインとしての機能考え、高い技術でそれを実装。

これが僕の目指すところのアプリです。これくらいガチで考えてリリースしていきたいです。
ThumbEditはほんの少しですが、それを体現できたと手応えを感じました。

今後ともよろしくお願いします!

「Live & Bar SECOND STEP for iPhone」をリリースしました

代表の青木です。

本日、Stagenoteアプリの11本目「Live & Bar SECOND STEP for iPhone」をリリースしました。

Live&Bar SECOND STEP for iPhone 1.0.0(無料)App
カテゴリ: ライフスタイル, ミュージック
販売元: Shamrock Records, Inc. – Shamrock Records, Inc.

StagenoteとはShamrock Recordsが事業として展開する「ライブハウスに専用アプリを」と言うプロジェクト。現在都内11店舗で運用中です。

友人のチェロ弾き滝田恵美ちゃんが去年オープンした小川町にあるライブバーです。

ライブはもちろん、バーとしても充実の設備とメニュー。
特にお酒のメニューが半端ないこだわり。僕は飲めませんので味わうことができませんが(^^;

Stagenoteアプリがお店の公式アプリとして活用されることを願っています。

これで運用店舗が11店舗となりました。
2013年の第一店舗。幸先良い感じです!

今後ともStagenote運用店舗をよろしくお願いします。

お店はこちら↓
Live&Bar SECOND STEP

開発費カンパ

代表の青木です。

アプリ「定型文」がバージョンアップしました。

定型文 – 簡単作成&コピー 1.2.1(無料)App
カテゴリ: ユーティリティ, ライフスタイル
販売元: Shamrock Records, Inc. – Shamrock Records, Inc.(サイズ: 2.9 MB)

内容

設定に「広告除去+開発費カンパ」と言うのがあります。アプリ内課金で¥170です。
広告除去だけでは高いかもしれませんが、開発費カンパと加えることによって、僕らからのメッセージと捉えて下さい。

意義

開発はボランティアではありません。特に会社としてリリースしている以上それに対して有形無形によらず「利益」を出さなければ行けません。つまりなんといわれようとも「お金が欲しい」のです。日本人は「お金を儲ける」ということに対して非常に嫌悪感を示します。

お金を儲けて何が悪いのでしょうか?。

ただ、そのお金は企業である以上社会や顧客に対して「還元」する義務もあります。(僕は企業たるもの「社会貢献」を第一に考えるべきなのではないかと考えます)

僕らはアプリを購入して頂きお金を対価として受け取ります。その後バージョンアップやサポートをしっかり行うと言うことで還元しています。逆に言うと無償や未購入で何か言う人達には何かを還元する気はないということです。

ボランティアではない

それに僕は「ボランティア」と言う言葉が嫌いです。なので自分の言葉で喋れる時はそれに置き換えて「ライフワーク」と言う言い方をします。アプリ開発はライフワークで行なっています。つまり僕らにとっては有料アプリでも無料アプリでも変わらないライフワークであるということを意味します。そして開発費、活動費があって初めてライフワークが充実して行えるのです。

ご理解を

「アプリ開発者の立場に立ってみてください」なんて横暴なことはいいません。ですが、誰しも「仕事をして対価をもらう」と言うことであれば理解はしていだけるでしょう。Shamrock Recordsはアプリ開発を仕事としています。趣味でやっているわけではありません。もし趣味だったらバグがあったり要望が上がってたとしてもやらなくてもいいでしょう。気分でサポートを止めてしまってもいいでしょう。
ですが、仕事でやっている以上、バグがあったらなおすし要望は可能な限り取り入れます。

今回のアプリ「定型文」のバージョンアップはそのことをはっきりさせたいがためにあえて「開発費カンパ」と書かせていただきました。

ユーザーさんの反応がとても楽しみです。
もしご意見などございましたら、お待ちしています。

p.s
「開発費カンパ」って内容でアプリの審査が通るかどうかが一番心配でした(^^;

Stagenote®、商標登録されました

代表の青木です。

この度弊社サービス「Stagenote®」が商標登録されました!
晴れて®がつくことになりました。

Stagenoteとはライブハウス向けスケジュール管理のビジネス・ソリューションです。
これを導入することによって、公開情報の一元化やお客様へ向けてライブハウス公式のiPhoneアプリを提供することができます。

詳しくはStagenote公式ページをご覧ください。

これからもより一層サービスの向上に勤めてまいりいます。
この商標登録はShamrock Recordsの本気度です。

よろしくお願いします!

リニューアル

思い立って(思い切って?)、会社のウェブページをリニューアルしました!

Shamrock Records, Inc.

会社のウェブページはアプリ開発のパートナーdelaymaniaこと大谷くんに依頼していました。
当初、アプリ開発とかいろいろあってウェブーページまで手が回らなかったのでお願いしてて、いつか引き取らなきゃなぁと思い続けて1年以上。

そう、たしか去年の年始に「ウェブページをリニューアル!」とか言ってた気がしてならない(^^;

そんなわけで内容はリセットされましたが、ここからこまめに更新して行きたいと思ってます。
特に今年はプレスリリースなんかをうまく使ってアプリを宣伝していきたいと思ってるので、報告媒体としてのウェブーページは重要かも。

ページ制作にはBiNDを使用。
内容さえ決まっていればテンプレをカスタマイズして結構綺麗に作れます。
細かいところはいじれませんが、そこは工夫して〜、って感じで。

そんなわけで、これからもよろしくお願いします!

FacebookページとかTwitterもあるのでぜひ「いいね!」とフォローをお願いします。